井桁健太のブログ

IGOホールディングス(株)代表の個人ブログです。囲碁以外のことも書きます。

内容は上下、継続は螺旋

time 2017/01/19

内容は上下、継続は螺旋

【メルマガを続ける方法】

企業メルマガ・IGO通信を毎日書いて、ここまで520日以上連続で更新できています。
 

「囲碁」という具体的なテーマがあることは、

継続しやすい一つのポイントですが、

それよりも継続するために大切な考え方があると思っています。

 
それは

毎日、より良いものを配信しようと思わないこと
 

「昨日よりも良いものを!」

と思ってしまうと自分が大変です。

仮に、良いタイトルや文章が書けた日があったとして、

その翌日に、それ以上のものを書こうとするのは結構難しいこと。

 
伝えたいことが十分に書けた時は、

自分の中で、思考が繋がって整理されたからこそできるのであり、

それを毎日継続できることは、相当な達人クラスです。

もちろんブロガーや、書く行為が主要事業である人は別ですが、

日記を書くのと変わらない心持ちでメルマガを書いている人は、

良質なものを書き続けるほど、時間をかけることはできません。

 
そうではなく、

「内容の良し悪しには上下の波がある」

と開き直っているからこそ、

ここまで継続できたと、振り返ってみて思います。

●○●○●○●○●○

【継続グラフが生まれる】

前日のものと比較した時に、

下になる内容の波があるからといって、

悪いことをしてるわけではありません。

 
なぜならば、書き続けていると、

その上下の波がある「内容グラフ」とは、別のグラフが生まれます。

仮にその名を「継続のグラフ」とした場合、

その波は、XとY軸から成る上下の振れ方ではなく、

奥行きとなるZ軸を含めた、螺旋状のものになります。

継続グラフでの進み方は、続ければ続けるほど、

常に上へ、上へと伸びていきます。

Z軸もあるので、

渦が大きくなるまでには、なかなか時間がかかりますが、

保証されていることは、継続すれば螺旋は必ず上に伸びていくこと。
  

継続した状態でブログやメルマガを書くことは、

螺旋の上の段から、内容の波を起こすことになるので、

同じ行為を継続していない、または、まだ始めていない方よりは、

上の段階から配信ができます。

 
そうなれば、内容の波で下向きのことを配信しようとも、

それを読む人(取り組んでいない人)は、

上を向いて読んでいる可能性が高いですね。

そして螺旋の渦がとてつもない大きさになってくると、

日々の配信も、誰が読んでも、本当に上質なものになると思います。

 ●○●○●○●○●○

【何においても同じ】

例をブログやメルマガにしましたが、

これは何の分野においてもそうだと思います。
 

何か新しいことにチャレンジしようとすると、

どうしてもその分野の専門家たちのスキルと比較してしまいがち。

その分野のプロと同じことをするのは、いきなりは無理です。

 
なぜなら、その人たちは「継続のグラフ」を結構上がった状態で、

「内容の波」を起こしているのですから。

 
その視点を持たずして、いきなり内容を追いつこうとしても、

理想に近づけず、結局やめてしまうことになりかねません。

 
「内容は上下の波」

「継続は螺旋の波」

と2つのグラフで考えてみることで、

新しい取り組みに挑戦するときも、気軽に始め、続けられるのではないでしょうか。

動画編集

フルマラソン