井桁健太のブログ

IGOホールディングス(株)代表の個人ブログです。囲碁以外のことも書きます。

続けることのたいへんさ

time 2018/12/21

続けることのたいへんさ

「とりあえずやってみる」のその後

『3月のライオン』の最新巻を買うために
本屋に行ってきました。

さっき読み終わって感動しているところなのですが
それとは別のことを書きます。

本屋の入り口正面にあるおすすめ本コーナーには
アウトプットについて書かれている本がたくさんありました。

行動することの大切さについて書かれているものです。
 

こういう本は「とりあえずやってみる」と大抵書かれています。

不安に思うようなことをどんどん解消させ、
行動を起こすことがいかに簡単なのかを
1冊を通じて説明してくれます。

そして実際、何かをやってみることは、
とても簡単です。

「最初からうまくできるはずない」と割り切ってしまえば、
結果を出すことにあまり期待しなくて済みますし、
知識よりも勇気さえあれば、一歩踏み出せるからです。

それよりも続けることの方がよっぽどたいへんです。
2回目以降は、経験があるが故に色々よぎることがあるんです。

「どうしたらより良い結果が出るだろう」
「もっと楽にできる方法はないか」
「そもそもこれやっていて意味あるのか」

などと、最初は考えもしなかったいろんなことに気づけたり、
続けていくうちに感情がわき起こったりして、
行動を起こそうと判断するまでの過程を長くさせます。

そしてネックなのが、良い結果や変化はすぐには生まれないということ。

ただでさえ悩むのは嫌なのに、
それがいつ終わるのかわからない。

先を見ようとしても見えないときほど
モヤモヤすることはありません。

そういった状況に身を置きながら、
どれだけ耐えられるかという段階こそ、
本当の「根性」を試されるのだと思います。

 
もし「続けること」に悩んでいる時は
それを理解してくれる人に相談してみるのもいいかもしれません。

何かを長く続けている人ほど
続けることのたいへんさと、
それを乗り越えることのすごさをわかってくれます。

誰かに相談することも含めて
諦めず、粘り強く、とにかく前を向いていくのです。

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フルマラソン