囲碁

疲れた時こそ囲碁を打とう!

【ランチの仕方について】

フランス人のケビンさんと話していると、
国の文化の違いを強く感じます。
 

何度か一緒にランチをしている時に

「日本のヒトは、タクサンのヒトが、一人でご飯をタベマスネ?

フランスではご飯を食べることはコミュニケーションデス」

と言っていました。

言われてみれば、都内にはそこら中に
ファストフード店が並び、

そこには対面席よりも多くカウンター席があります。

 
たくさんの人がカウンター席で食事をして、

だいたいの人がスマートフォンをいじっています。

 
食事の時くらいスマホから離れた方が脳が休まる気がしますが、

そうもいかないんですよね。

 
みなさん「自分の時間」がほしいわけです。

 

井桁自身も、ご飯にあまり時間をかけたくない人なので、

移動中におにぎりを食べて済ましたり
(行儀悪いですが)

最近は一人で食べることがほとんどです。
 

たた先日、ミャンマーから来た桂川さんからランチに誘われて、

一緒にごはんを食べました。

急な連絡だったので1時間も一緒にいなかったのですが、

普段のランチよりも全然エネルギーをもらえました。

桂川さん、ありがとうございました!
(ミャンマー情報などについて書かれているブログはこちら)

http://melt-myself.com/

一人でゆっくりごはんを食べるのか、

複数人で忙しくとも食べるのか。
 

もちろん本当に一人で気を使いたくない時は良いですが、

複数人でご飯を食べたほうが、

結果的に気分解消できるのではないかと思います。

今年は「何も予定を入れない日デー」を設けているのですが、
そういう誰とも話さない日よりも、

バタバタ忙しくして、色んな人と会っている日の方が、
充実感や達成感を得られます。

こういう気持ちを得られることが、
疲れている時こそ重要なのではないかと思います。

【疲れた時こそ囲碁!】

 

無理やりですがその理屈で言えば、

疲れた時こそ、囲碁を打ってみてはいかがでしょうか。

よく
「今日は頭が疲れたから囲碁は打たない」

と言う人もいますが、

そうではなく疲れているからこそ、誰かと囲碁を打つ。
 

囲碁は対局になれば集中できますし、
検討する時は程よい会話量です。

あとはビール飲みながら交流をして、
スッキリ気分転換ができると思います。
 

「疲れたー!」

って思った時は、ぜひ囲碁を打ってみましょう!

関連記事

  1. 『致知』(2月号)を読みました
  2. 「はだかの学校」で囲碁入門講座を開講します!
  3. 藤井聡太四段くんと井山裕太九段さん
  4. 日本棋院で囲碁ステッカーを販売開始します!
  5. 【雷門前でエクストリーム囲碁を実施しました!】
  6. 2017年は自分らしく。
  7. ブログでは何を更新しようか
  8. 【三ヶ月で囲碁初段プロジェクト・第六棋生】の募集を開始しました

IGO通信(日刊メルマガ)

【知的な出会いを提供し続けること】 を目的として、無料で発行している日刊メルマガです。

メルマガの登録はこちらから

 

バックナンバーはこちらから

PAGE TOP