IGOホールディングス

小学生向け囲碁ワークショップを控えて

イベント前夜

明日は「はじめての囲碁・みらさぽワークショップ」の講師を担当させていただきます。

こちらは、青少年・子どもたちに向けた課外活動(芸術/文化/スポーツ等)の開催運営等をされている一般社団法人 DAC未来サポート文化事業団さまが主催です。

これまで多くの未経験者向けのイベントを開催してきましたが、ほとんどが、というか99%が大人向けのイベントでした。
そのため前夜から少し緊張しています。

おそらく今思っていることが普段から大切なこと

イベントの時間も2時間とそんなに長くないですし、数百名の前で話をするといった規模でもありません。
それでも緊張しているのは、やったことがほとんどない「小学生に向けたイベント」という点があるからです。

・一体どんな反応をするのだろう

・どんな予期せぬことが起こるだろう(低学年の子もいるのでケンカしちゃわないかとか)

・彼らにわかりやすく伝えられるだろうか。(子どもでもわかるような言葉選び)

などなど、不安に思えることはたくさんあります。
 
しかし何より大切なことは「参加した小学生みんなに楽しんでもらう」という点です。

スケジュールもざっくりと決めていますし、自分が伝えようと思っていることも整理してはありますが、それをこなすことは目的ではありません。
囲碁に興味を持ってくれて、わざわざ来てくれる小学生たちが「囲碁楽しかった!」と言ってくれるようにがんばることです。

様々な気持ちを自分に向けると不安や恐怖がよぎってしまいますが、相手に矢印を向けてみる。
そうすると自分がいちばんやらなければいけないことが見えてきます。

関連記事

  1. 【三ヶ月で囲碁初段プロジェクトって何をしているの?】
  2. 【好きな仕事の見つけ方】講座(2回目)を開催しました!
  3. 毎日30分スポーツウェアを着よう
  4. サービスを尖らせる〜青いラーメンを食べました〜
  5. 7月のチャレンジ:ブログを毎日更新してみる
  6. 2017年を振り返る
  7. 社長のなり方を都内3校で実施しました!
  8. 初心者脱出レッスン『囲碁打てます』をリリースしました

『週刊 上達』(無料メルマガ)

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

バックナンバーはこちらから

『上達の約束』WEBサイト

PAGE TOP