井桁健太のブログ

IGOホールディングス(株)代表の個人ブログです。囲碁以外のことも書きます。

カタコトだからこそ伝わること

time 2018/12/25

カタコトだからこそ伝わること

ケビンさんと1年ぶりに会って

2017年の夏頃にフランス人のケビンさんと出会いました。

ケビンさんはフランスで囲碁の仕事をしていて、
囲碁教室の運営や教え方のノウハウについて改めて日本で学びたいと思っていたそうです。

そして日本の何人かの知り合いに声をかけた結果、
「若い人に囲碁を広める活動をしている井桁って人がいるよ」と、
どなたかが言ってくれて出会うことになりました。

約2ヶ月間、彼が考えているプロジェクトについて話したり、
有名な子供囲碁教室にアポを取って、一緒に見学に行ったりしました。

 
そして2018年12月24日、ケビンさんはまた旅行で日本に来てくれました。
この年末年始は一緒に来た友達3人と日本で過ごすんだそうです。

友達も含めて渋谷で会い、お互いの近況を話しました。

この1年、自分の囲碁教室の他、
いくつかの中学校で囲碁のクラブをつくったり、
カフェを会場にして、初心者に囲碁を教えるイベントをやった1年だったとのこと。

ご飯を食べてそのあとは囲碁を打ちました。
去年よりも少し強くなっていましたね。 
 

ケビンさんは日本語を少し話せます。
ゆっくりかつ難しい単語が入らなければ、普通に会話できるレベルです。

僕と友人たちとの通訳もしてくれました。
(僕の英語力はまだまだでした。磨いていきます。。。)

帰りの電車の中でも色々と話していたのですが、
別れ際、こう言っていました。

「イゲタさん、わたしたちは、囲碁をがんばりましょう。
いいミライがつくれます。」

カタコトだからこそ、難しい言葉を使わない。
その方が気持ちを伝えられることもあるのだと思いました。

Kevin san Merci beaucoup.
Rendez-vous à nouveau.

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画編集

フルマラソン