井桁健太のブログ

IGOホールディングス(株)代表の個人ブログです。囲碁以外のことも書きます。

ミュージカルを観た感想が「俺も踊ってみたい!」だった話

time 2017/08/15

ミュージカルを観た感想が「俺も踊ってみたい!」だった話

【『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』を観てきました】

先日、ミュージカル『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』を鑑賞してきました。

1980年頃の炭鉱の街を舞台として、少年・ビリーが、
当時女性がやるものと認識されていた、バレエダンサーを目指していくというお話です。

 
会場はTBS赤坂ACTシアターで、今回は知人のOさんと一緒に鑑賞。

Oさんのおかげで、1300人は入る会場の、なんと前から3番目の席が取れました(笑)
おかげでものすごい迫力のミュージカルを鑑賞できました。Oさん、ありがとうございました!

●○●○●○●○●○

感想は「踊りたい!」

鑑賞直後にOさんに伝えた感想は

「俺も踊りたくなりました!」というものでした。
 

ビリーを演じた木村くんのダンスのパワフルさや、
元宝塚歌劇団のトップスターとして演じられていた柚希礼音さんのバレエのかっこよさを初め、
出演者のみなさんの圧倒的なパフォーマンス。

最後はスタンディングオベーションをしてしまうほどです。
 

実はOさんも以前ミュージカル鑑賞後に同じような感想を抱いたことがあるそうで、
やはり物事への興味のきっかけになることは、

「そのことに取り組んでいる人への憧れ」

に尽きるのだと思いました。

 
「私もああいう風になりたい」

その気持が人の心を刺激し、行動に移すことができるのです。

将棋の藤井聡太四段の影響で、将棋に触れる人が増えたのも、まさにそれと同じですね。
  

囲碁の場合、ゲームについてアピールをすることが多いのですが、
もっとそれに取組み楽しんでいる人について発信をすることが、
ファン人口を増やすために必要なのではないかと思います。

●○●○●○●○●○
 

【情報発信の重要性】

また情報発信の重要性についても痛感することがありました。

閉幕後に、ビリー役の木村くんとマイケル役の城野くんが挨拶に出てきたのですが、その時に放った一言が

「今は僕らの写真撮影OKな時間なので、ぜひ撮ってSNSにシェアしてください!」

と言うものだったのです!
 

これほどまでに規模が大きなことに関わっている人たちが、SNSでのシェアをお願いしている。
 
ならば風が吹けば飛んでいってしまうような自分が、普段の取り組みについてSNSで発信しないことがあるだろうか(反語)

もちろん囲碁も同じですね。日々の発信を怠らないこと。
また何かあれば、大々的に打ち出していくことです。

 
僕の拙い文章表現能力では、このミュージカルの素晴らしさを伝えることができないので、
みなさんも、ビリー・エリオット、ぜひ観てください!

料金はけっして安くはありませんが、あのパフォーマンスを見れるのであれば、絶対に損はしません。

9月末までやっていますよ!
http://billyjapan.com/ticket.html

動画編集

フルマラソン