思うこと

7年前からこんにちは

学生時代のあれこれ

7年前に書いていたブログを見つけました。

大学囲碁サークルのメンバーで運営していたページで
特に交代制ではなく、書こうと思った人が書いていいブログでした。

ただし実際は、
ほとんど僕しか更新していませんでした(笑)

今みたいに自分の名前で仕事をする前から、
思ったことを書いたりするのが好きだったんですね。
 

書いてあることは、
大学であった出来ごとや自分の気持ちについて。

また当時はTwitterの使い方がよくわからなかったそうで、
「このブログでツイートします」
という謎発言から始まったつぶやき的な更新もあります。

思い出せないことの方が多いですが、
たまに「そういえばそんなこともあったな」と
思い出がよみがえってくる感覚が心地よい。

冗談をはさみながらも、
悩んでいることについて書いた記事もありました。

悩んでいることをごまかしているのは、
おそらくサークルメンバーに心配されたくなかったのでしょう。
当時の自分のがんばりが見られます。
 

またある記事に、こんな言葉が書かれていました。
(Twitterにアップしました)

この言葉を書いたことはすっかり忘れていました。

でも、ものすごくいい言葉ですね。
なにか悩んだときに支えてくれそうなあたたかさがあります。
  
「いつか将来のどこかで悩んだ俺よ、これを読んで元気出せ!」
と、7年前の自分からメッセージが届いたような気分です。 
 

ブログでもなんでも記録を残すことは、
隠れていた思い出をよみがえらせてくれます。

自分の中の情報を整理して発信することの意義を
また一つ発見できました。

まだ読んでいない記事がたくさんあるみたいなので、
昔の自分に感謝しながら読み返したいと思います。

関連記事

  1. オーストラリアの囲碁ファンと交流して
  2. なくなることで気付くこともある
  3. 「あの人が言っていたあの言葉」が支えになる
  4. 咳から気づくこと
  5. 「アラベスク」を聴きたくなります。
  6. 7回目の『社長のなり方』授業を実施します!
  7. 大切なことはコメダ珈琲のカツサンドから学んだ
  8. 内容は上下、継続は螺旋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

『週刊 上達』(無料メルマガ)

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
PAGE TOP