イゲメディア / IGE-Media

一人社長の考え方や動き方を書いてます

独立したらどんなSNSを使えばいいのか

time 2021/01/19

独立したらどんなSNSを使えばいいのか

何を選ぶかの基準とは

独立して働く場合、積極的に情報発信して自分の専門スキルや考え方を知ってもらうことが大切です。

しかし最近はたくさんの発信ツールがあるので、どれを使ったらいいのか迷ってしまう人もいることでしょう。

ブログがいいのか、Twitterがいいのか。
それとも動画でYouTubeを使うべき?

限られた時間の中で発信するわけですから、効果をより高めたいですよね。

その鍵は、やはり「理想のお客さん」にあります。

その人は何を見ていますか?

商品を作ったり、それを販売するための戦略を考える際に、理想のお客さんをイメージしますよね。

発信するツールもそれと同じです。

自分が理想とするお客さんはどんな生活をしているかイメージすることが、情報発信においても起点になります。

仮に50代の男性を対象にするなら、その人はどのように情報を取り入れていますか?
Instagramを見る?新聞を読む?YouTubeを見る?

20代後半の女性ならばどうでしょうか。
40代前半の男性なら?

このように自分が理想とするお客さんをまずイメージすることで、その人に合ったツールが見えてきます。
 
 
囲碁の場合は60代以上のファンが多いので、若者が使うようなスマホアプリは選びにくいです。
Instagramでいくら発信しても、情報を届けるのは難しいでしょう。

しかしメールマガジンなら馴染みの方も多いでしょうから、どうせ時間を使うならインスタよりもメルマガということになります。

もちろん1つに絞る必要はないので、活用できそうだと思えるものは併用していきましょう。

僕の場合は若い囲碁ファンも対象なので、メルマガと併用してTwitterも使っています。
Twitterでイベントの様子などを発信したことで、これまで多くの囲碁ファンと出会えました。

複数のツールを合わせて使っていくことで、より広範囲に情報を届けられるでしょう。
 
発信ツールが決まれば、あとはそのフォロワー(メルマガなら読者数)を増やすことに注力するだけです。
広告を打ったり、知り合いにフォローをお願いするなどして地道に増やしていきましょう。

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)