井桁健太のブログ

IGOホールディングス(株)代表の個人ブログです。囲碁以外のことも書きます。

コミュニケーションの勝手読みをなくそう

time 2018/04/06

コミュニケーションの勝手読みをなくそう

コミュニケーションにおける勝手読み

この前書いた【質問は許可になる】で、コミュニケーションが苦手な人との接し方について書きました。

質問は許可になる

何を話したら良いのかわからなくなって、発言を控えてしまう人にとって、相手から質問されることは許可と捉えられるので話しやすくなるというものでした。
実践していただいた人がいればうれしいです。

今回はその苦手な人へのメッセージです。

コミュニケーションが苦手だからといって、いつまでも苦手のままではいけません。
まぁ質問されていく内に気心の知れた関係になれるので、意識せずとも自然と話せるようにはなると思いますが、早くそうなるに越したことはありません。
円滑なコミュニケーションは業務や組織の雰囲気にも関連しますからね。
 
周囲の人達がせっかく質問して話をふってくれるならば、その心づかいに感謝してチャンスを活かしていきたいものです。
 

少し視点を変えます。
これは自分がまさにそうだったのですが、何を話したら良いのかわからなくなる根本の理由は「自分に自信がないから」でした。

自信があれば「自分が言うことは、相手も耳を傾けてくれるだろう」と思えます。
故に話すことに対して前向きになれる。

しかし自分に自信がない場合、
・これを言ったら嫌な気分にさせてしまうのではないか
・そんで注意されたらどうしよう
・そもそも関心持ってもらえる内容だろうか
など思ってしまいます。

この段階を乗り越えるには、とにかく一度でもいいから思ったことを伝えてみるしかないと思います。
伝えてみなければ、相手がどういう反応をするのかはわかりません。

勝手読みをなくそう

 

囲碁では「勝手読み」という言葉があります。

相手の対応を考えず、自分の都合だけで次の展開を考えてしまうことを言い、判断が誤っているときに使います。
勝手読みをなくせば、お互いが最善を尽くした場合を常に想定するようになり、誤った対応を少なく出来るのです。

そして上述の自信がない人は、まさにコミュニケーションでも勝手読みをしている場合が多いに考えられます。

思っていることをどう判断するのかは相手次第です。
勇気を出して言ったら、思わぬ好反応をもらえる可能性だってあるんです。

また経験上、自分が思っているよりも相手は快く聞いてくれます。
内容の如何よりも、勇気を出して言ってくれたことを評価してくれるかもしれません。

思っていることを言うか言わないかはあなたの勇気次第。
相手との関係を良くするためにも、勝手読みをなくし、思っていることを伝えましょう。

動画編集

フルマラソン