思うこと

いつもとちがう選択で刺激を生み出す

「一日一新」という活動

以前「一日一新」という活動をしていました。

一日の中で、なんでもいいからはじめての体験をするという活動です。
個人税理士として活躍されている井ノ上陽一さんがやっているのを見て真似して僕もやっていました。
  
毎日の生活は何気ない選択の積み重ねです。
しかし何も考えずに動いていると、どうしても自分の好みにあったものを選びがち。

僕の場合は特にそうで、たとえば外食する時にはガッツリ系で偏ってしまいます。
またそれぞれのお店のメニューもなんとなくのローテーションで回してしまいます。
 

自分がわかっているものの中から選択すれば、間違いを選ばずに済むのでストレスはないですが、同時に新しい発見のチャンスもなくしてしまいます。
同じ時間を過ごすならばそれはもったいない。
 

昨日のオーストラリア囲碁ファンとの交流がそうだったように、普段しない選択は新しい感動体験につながります。
すると今まで気づけなかったようなことも発見できるかもしれません。

毎日の生活から少し刺激をもらいたいという方は、ぜひ「一日一新」をはじめてみてください。

行ったことがない場所に行ってみるとか、コンビニが出した新商品を購入してみるとか、
刺激をもらえるチャンスはどこにでもあります。

関連記事

  1. 明るい一言
  2. 「この指と〜まれ!」と手を上げる
  3. 囲碁は2人以上でやるもの
  4. インスタ映えは「ほんの少し面倒」の積み重ね
  5. 歩のない将棋は負け将棋
  6. 特徴の伝え方はいくらでもある
  7. ワクワクには、期待と少しの不安が含まれている
  8. ありがとう7月

『週刊 上達』(無料メルマガ)

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

バックナンバーはこちらから

『上達の約束』WEBサイト

PAGE TOP