思うこと

缶コーヒー・ボスのCM

【ボス・昭和編のCM】

テレビCMは、通常15~20秒程度で企業や商品のメッセージを伝えなければなりません。
そのためキャッチコピーが必要です。
 
 
自分がオススメしたいことを一言で伝えきる。
 
モノや情報が多くなると、そういう力がこれからどんどん求められるでしょう。
  
 
僕が好きなCM動画に缶コーヒーのボスのCMがあります。
俳優のトミー・リー・ジョーンズさんが出演しているシリーズです。
 

この最新のCM動画・「昭和編」には永六輔さんや大橋巨泉さん、蜷川幸雄さんの昔の映像があります。
 
 
動画の最後に流れる3者のコメントとか、途中ジョーンズさんを合成して
ものすごく上手くぴったりするように編集しています。
ああいうコメントってどうやって探しているんでしょうね。
 

総集編を見ると数々の有名人が出演していて、
「出演料いくら払っているんだろう?」とか思いました(笑)
 

囲碁の棋士も出演している

 
同CMでは若手が活躍していることを伝えるために、
囲碁棋士の大西竜平さんを映しています。
 
 
大西さんは若手の登竜門でもある新人王戦を優勝したばかりで、今後の活躍が期待される棋士です。
そのほかにも平成生まれの人が数名出ています。
 
 
「今の若者は~」という言葉も聞くことがありますが、平成時代もなんだかんだで今年で28年。
 そろそろ平成世代が社会を動かしていく出番です。
 
 
自分は平成2年生まれで、平成生まれの中ではほとんどの人より年上です。

CMで紹介されているような平成2桁生まれの彼らに負けないように動いていきたいです。

関連記事

  1. 競馬界のアプローチを見る
  2. 7月のチャレンジ:ブログを毎日更新してみる
  3. 時代の変化にどう合わせていくか
  4. ブログは“ついでに”を生み出してくれる
  5. 大きさ関係なくステキなこと
  6. 囲碁を楽しむことが、一番の囲碁を広めることにつながる
  7. 『AIの遺電子』を読みました
  8. じゃあどうするか

IGO通信(週刊メルマガ)

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

PAGE TOP