思うこと

今更ながらブログを書くメリットを整理してみた

ブログを書こう!

これまでテレビ・ラジオ・新聞・Webまで、メディアに何度か取り上げていただきました。

その1つの要因は、やはり「囲碁」という聞き慣れない仕事をしていることがあると思うのですが、では「どうして井桁なのか」と言えば、ブログを更新しているからだと思います。
 
幸か不幸か、囲碁に携わる人でブログを更新している人はそんなに多くいません。
そのためメディアに従事している方が「囲碁」に関心持って検索した時に、見つけてもらいやすい状況にあるんです。
(「幸か不幸か」としているのは、競合が多ければ質も磨かれるため)
 

ブログをはじめて体感したこと

囲碁の仕事に関心をもって以来、この個人ブログだけでなく、会社ブログやいくつかブログを書いてきました。
(更新が終わったものは2つかな)

一番最初に書き始めたときに体感したのは「自分の感じたことを整理できる」ということでした。
振り返ってみれば、それはそれは拙い文章でしたが、当時は超内向きだった自分の性格を少しずつ外向きにしてくれました。

思考が整理されることで、誰かと話すときに言葉を探索するスピードも上げられたと思います。
これは自分が最も体感しているポイントです。
 

また「読んでくれる人の存在=自分を気にしてくれる人がいること」のありがたさも気付けました。

ブログを書いていると、どこから現れたのか少なからず読んでくれる人が出てきます。
その人が共感してくれれば、SNSでシェアしてくれるなど何かしらのアクションにつながり、さらに多くの人に読んでもらえます。

「ブログ読んでいますよ」と言ってもらえたときの、ハッと姿勢が伸びる感覚は発信したからこそ得られる成果です。
これは自分だけの日記とは違い、読者がいるブログならではの経験でした。
 

誰か1人でも継続して記事を読んでくれるようになれば、読者数は自然と少しずつ増えていきます。
小さな更新だったとしても、情報を届けられる範囲を広げていけるんです。

個人で働いてる人にとっては、お客さんになってくれる人ともつながれるかもしれません。
最初は1つの記事を書くのにも時間がかかるかもしれませんが、書き続けていれば楽に更新できるようになります。

論を確立することにも役立つ

独立して働いている人にとって、他の競合と差別化できる武器があることは大きなメリットになります。
僕の場合であれば第1段階として「囲碁」が差別化できる武器になります。

ただし囲碁に従事している人は他にもいるので、第2段階の武器が必要になります。
その時に必要なのが「自分オリジナルの論」を持つこと。
 
その分野に存在している課題を見つけ、解決するための良い方法を創り上げるということです。

この時にブログによって整理された思考が、順序よく組み立てるための軸になります。
自分ができることや価値観を理解しているため、1つひとつのパーツの連動性を高めることができるんです。
 

そうしてできた自分オリジナルの論(方法)は、他の人では作れない武器になっています。

自分の武器を使用して実績をあげれば、「この悩みはあの人に聞けば解決してもらえる」と思われるポジションまで到達できるかもしれません。
そのときは誰よりも見つけやすい存在になり、信頼を得られるでしょう。

独立を考えている人や、ニッチ分野を仕事にしている人はぜひブログをはじめてみてください!

関連記事

  1. 良いと思う人の思考にふれる
  2. 大きさ関係なくステキなこと
  3. サードプレイスの重要性
  4. 下書き保存で終わらせない
  5. 「ダイヤモンドオンライン」に取材記事が掲載されました
  6. 僕にできることはまだまだあるんじゃないかと思う
  7. 目標は達成した後に役立つ
  8. インスタ映えは「ほんの少し面倒」の積み重ね

『週刊 上達』(無料メルマガ)

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
PAGE TOP