未分類

猫背〜自分の当たり前を疑う〜

2015-07-08 12.23.08

自分の当たり前を疑う。
言葉にするのは簡単ですが、実践するのはとても難しい。
何と言ってもそれが当たり前なので(笑)

私は身長がやや高いこともあり、猫背気味になっているのですが、私にとってはそれが普通ということになっています。
しかし、ちゃんとした姿勢を考えるとそれは不自然ということになります。

自分と周りとの差はどこにあるのか。そういう視点でみると、自分の姿勢が不自然なことに気がつきます。
もちろん自分の方が明らかに正しい時にはいいのですが、自分だけの視野で見ている世界はたいてい狭かったり、自己中心的な考え方に頼ったものです。

囲碁で言うならば、以前まで私は、守ることばかり考えてしまい、それが自分の打ち方なんだと考えていました。
しかしそれは自分だけの視点で見たときの話。
自分よりも強い人はどんな打ち方をしているのかを考えてみると、守っているだけの人がいるはずがないんですね。
もちろん上達するためにも、守りだけでなく、攻め方のバランスも知らなければいけませんし、守りををさらに磨き上げるには、かなりのエネルギーが必要です。

五教科のうち、平均点をあげようとするならば、得意な科目の点数をさらに上げるよりも、苦手な科目をある程度まで上げようとする方が簡単なはずです。難しい応用問題を解くのではなく、簡単な基礎を学べば良いのですから。

自分の当たり前を一度疑ってみる。
その視点を持つことで、普段の何気ないところからでも変化が起きるような気がします。

関連記事

  1. ベイちゃんがいなくなる日
  2. カフェに貴婦人たちが集まってきた
  3. ミシュランガイドを読んだらどこへ行こう?
  4. 何気ない工夫が世界を作り上げる
  5. 気づいたら引っ越しから半年が過ぎていた
  6. 【ケンタ会】をケンタッキーにて開催しました!
  7. 1123は素数
  8. 「君の名は。」と囲碁との共通点

IGO通信(日刊メルマガ)

【知的な出会いを提供し続けること】 を目的として、無料で発行している日刊メルマガです。

メルマガの登録はこちらから

 

バックナンバーはこちらから

PAGE TOP